医療法人正進会 泌尿器科・性病等の専門クリニック 名古屋栄 丸栄西 丸善ビル5階
丸善クリニック
トップページ 院長のご挨拶とプロフィール 院内のご案内 診療時間等のご案内 当院の場所 リンク
Mind Hospitality  
メール
泌尿器科ってどんな診療科
これって病気?症状から検索。
保険適用の主な泌尿器科疾患
血尿・尿潜血
血精液症
前立腺がん
前立腺肥大症
前立腺炎
尿道炎
膀胱炎
クラミジア感染症
淋病
梅毒
亀頭包皮炎
性器ヘルペス
尖形コンジローム
尿路結石
過活動膀胱
神経性頻尿
尿路腫瘍
自費検診
ED(バイアグラ・レビトラ・シアリス)
男性型脱毛症(AGAプロペシア)
にんにく注射・プラセンタ注射
超高濃度ビタミンC点滴
男性更年期外来
前立腺がん検診(PSA検査)
性感染症検診
栄の中心・松坂屋本館北にあります。
ご意見・ご感想
申込書・問診票

  ■職員募集■
詳細はメールにてご連絡下さい。
 
 
 
尿路腫瘍


血尿以外に何の症状もない血尿を「無症候性血尿」といいます。
このタイプの血尿のときは膀胱がんや腎臓がんのことが多いので、要注意です。しかもやっかいなことには、膀胱がんや腎臓がんの場合、しばらくするとその血尿が自然に消失する事です。そのため、当人は治ったものと勘違いして泌尿器科への受診が遅れがちになります。またこの血尿は止血剤にもよく反応しますので、その内服ですぐに血尿はいったん消失する事が多い、しかししばらくするとまた再発し、また消える。このようなことを繰り返しているうちに、やがて進行がんになって自覚症状が出てきます。

自覚症状としては膀胱がんであれば、残尿感、排尿終末時痛、頻尿などの膀胱刺激症状ですし、腎臓がんであれば、がんのある側の背部の鈍痛、腫張感などのほか、不明の発熱や貧血、疲労感などを訴えられる方もいます。しかし、こうなってからではもう手遅れになっているケースが多いのです。一度でもこの様なタイプの血尿に気がついたら、できるだけ早く泌尿器科専門医を受診することをおすすめします。
腎臓腫瘍も膀胱腫瘍も稀に良性のものもありますが、ほとんどは悪性のものです。

最近は診断機器等の発達により、極めて早期に発見することができるようになり、早く見つければ根治的な治療も可能になりました。
早期発見、早期治療が大切です。




〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目15番27号 いちご栄ビル(旧プラザビル) 6F
※名古屋 栄 松坂屋本館 正面入口 北向かいのビル6階です!
【TEL】052-264-1222